新宿からJR線特快利用で25分!   JR中央線立川駅 下車北口徒歩3分 立川通り曙橋交差点カド 年中無休  営業時間:平日、土 11:00~21:00 日祝 11:00~20:00 042-548-5875 dta@diskunion.co.jp
diskunion立川店BLOG RSSフィード

c252e5af.JPG

・祝 来日!MORENO VELOSO 新作入荷!!


 MORENO VELOSO モレーノ・ヴェローゾ / ソロ・イン・トーキョー

ハピネスレコード / JPN / CD / BR12559 / 2011年10月05日 / 2,500円(税込)

 

 

 

 

 

カエターノ・ヴェローゾのDNAを受け継ぐブラジル音楽界のサラブレッドであり、
コンポーザー/プロデューサーとしても活躍しているブラジル・ネオ新世代のキーマン、モレーノ・ヴェローゾ。


2011年の来日ソロツアー(10月15日~30日)を記念して、2008年8月に豊田市美術館と東京で行なったキャリア史上初のソロ・コンサート最終日(8月19日、東京プラッサオンゼ)のライヴ盤を限定発売。モレーノ+2名義で発表した『タイプライター・ミュージック』(2001年)以来、10年ぶりとなるセカンド・アルバム。

ギターの弾き語りを中心に、曲によってはパンデイロも演奏。父カエターノとの共作を含むオリジナル曲をはじめ、モレーノの来日中に94歳で大往生したバイーアの音楽文化のシンボル、ドリヴァル・カイミの作品、バイーアのサンバ・ヂ・ホーダ、オロドゥンやイレ・アイェといったバイーアのブロコ・アフロの名曲、さらに友人・高野寛の作品(歌詞は日本語!)など15曲、収録時間は50分強。



■ Moreno Velosoプロフィール
1972年11月生まれ、カエターノ・ヴェローゾの長男。2000年、ドメニコ、カシンとのトリオ、モレーノ+2名義でファースト・アルバム『マキナ・ヂ・エスクレヴェール・ムジカ(タイプライター・ミュージック)』を発表。ブラジル・ネオ新世代の旗手として注目を集め、2001年にモレーノ+2で来日。2006年にモレーノ=ドメニコ=カシン
+2で、2007年にはアドリアーナ・カルカニョット=モレーノ=ドメニコ=カシンのユニットで来日。2008年、ブラジル現代美術展「Blooming:ブラジル - 日本 きみのいるところ」(豊田市美術館)に島袋道浩(Shimabuku)のコラボレーションで参加。同年8月に来日し、同・美術館講堂および東京にて、生涯初となるソロ・ライヴを行なった。

近年はアドリアーナ・カルカニョットとの共作、共演をはじめ、コンポーザーとしてガル・コスタ、ホベルタ・サー、ニーナ・ベッカーなどの女性歌手に曲を提供。父カエターノのアルバム『セー』(2006年)、『セー・ライヴ』(2007年)、『ジー・イ・ジー』(2009年)のプロデューサーもつとめている。

日本の音楽家との交流も深く、高野寛、小山田圭吾(コーネリアス)、嶺川貴子、Saigenji、akiko、安田寿之らとレコーディングやライヴで共演、2007年には「Fuji Rock」にも出演した。ギター、チェロ、パンデイロなどのパーカッションを演奏するマルチ・インストゥルメンタル・プレイヤー、繊細な歌声のヴォーカリスト、そしてコンポーザー、プロデューサーとして活躍しているが、その音楽性と脱力のたたずまいは、あくまでも自然体。故郷バイーアの風土に根ざしたサンバの歌/演奏/ダンスも見もの、聴きものである。
(インフォメーションより)

★良品中古CDも入荷しております!!
                           ↓ ↓ ↓ ↓


+ + + + + + + + + +
・タイグアラ / イミーラ・タイーラ・イピ・タイグアラ
【TOCP-66070 / 盤質B / 帯付】

1945年にウルグアイで生まれ、幼少時にブラジルへ移住。ボサ・ノヴァの洗礼を受け1965年にデビューし、70年代にメロウ・グルーヴ路線へ転換。独特の都会的なメロディー・センスと、ニヒルなヴォイスで人気を集めたカルトな天才SSWタイグァーラ。存在位置的には、オズマール・ミリートと双璧とも言える逸材。1960年代から活躍していたタイグアラが、あらゆる楽器を操りブラジル音楽の真髄を具現化する鬼才エルメートをアレンジャーに、そしてあのソン・イマジナリオを率いるヴァギネル・チゾを総監督に迎え創り上げた壮大なアルバム。全てを飲み込むブラジル音楽の真骨頂がここに。音響派、プログレ・ファンも必聴の1976年作品。トニーニョ・オルタ、ノヴェリ、ジャキス・モレレンバウムも参加。日本発売もされたキャリア最高傑作とされる名盤。

・アレハンドロ・フラノフ / アクアゴング
【PANA005 / 盤質A / 紙ジャケット / 帯付】

アルゼンチン音響最重要人物、世界中の楽器を操る音の妖精アレハンドロ・フラノフ2010年作。ついにフラノフ自身のヴォーカルを全面的にフィーチュアした意欲作。実に彼らしい一風変わったコミカルなメロディに、呪文のようなキャッチーな言葉の響き、そしてのびのびとした歌いっぷり。時折聞こえるゴング(鐘/鈴/銅鑼)は、クリアだったり、エディットされたり。無限に溢れ出る泉のように歌い、鳴り続ける。「アルゼンチン音響派」から、一気に宇宙の外へと新境地を見出したフラノフの新世界を存分に楽しめる1枚。

・KELETEGUI DIABATE / SANDIYA
【CJ012 / 盤質A / DIGIPAK 国内ライナー付】

1970年代にギニア大統領直轄の国営バンドとして活躍していたカルト・グループを率い、バラフォン(木琴)奏者として世界的に知られるマリ音楽の生き証人、ケレティギ・ディアバテ。彼が家族や長年共に演奏しているバンドメンバーなど親しいゲストを迎えて、マリの伝統曲を奏でるというスタイル。ケレティギの軽やかで暖かいバラフォンを堪能できる作品。
 
・IVAN LINS / INTIMO
【SOM LIVRE16922 / 盤質A / DIGIPAK】

ブラジルを象徴する世紀のメロディ・メーカー、イヴァン・リンスの2010年作。イヴァンの信望者の一人であるジャズ・ベーシスト、ルード・ヤコブスのプロデュースで完成したキャリアの新たな1ページには、彼の音楽から多大な影響を受けた、世界のポピュラー・シーンを代表する素晴らしいゲスト・アーティストとの共演が実現した凄いアルバムに仕上がっている。
ウルグアイが誇るメロウマスター、ホルヘ・ドレクスレル、スパニッシュ・ポップの第一人者アレハンドロ・サンズ、ヨーロッパ・ジャズのトランペット貴公子ティル・ブレナー、バカラック/マイケル・ジャクソンのトリビュートで知られるシンガー、トレインチャ、そしてあのローラ・フィジー、さらにはテイク6という世界中のビッグ・ネームとのコラボレートが実現。イヴァンの朋友ヴィトール・マルチンスとの書き下ろし新曲をはじめ、シコ・ブアルキ、セルソ・ヴィアフォラ、そしてジョアン・ボスコの息子フランシスコと共作したトラックと、イヴァンのセンスをさらに開花させた新たなパルセイラとの楽曲も有り。

・パウラ・モレレンバウム&ジョアン・ドナート / アグア
【PCD93390 / 盤質A / DIGIPAK / 帯付】

リアルなボサ・ノヴァの体現者として現存する、ジョアン・ジルベルトと並ぶ鬼才、ご存知ジョアン・ドナート。絶賛されたピアノ・トリオ・アルバムに続き、2010年のヴォーカル・アルバムが登場。今回コンビを組むのは、アップ・トゥ・デートなボサ・ノヴァ・シンガーとしては、今最も実力を持つ♀シンガーの一人、パウラ・モレレンバウム。これは、まぎれも無く全ブラジル音楽ファン注目のコラボレートが実現。収録は、すべてドナート作品。「A RÃ」「MUITO A VONTADE」「LUGAR COMUM」「MENTIRAS」「A PAZ」など、ドナートのキャリアの中でも美しい旋律を誇る名曲の数々が散りばめられ、独特のピアノ・タッチと、美しくクリアなヴォイスで可憐に綴られていく、極上のボサ・ノヴァ・フレージング。タイトル「AGUA(水)」が表す、流麗でしなやかな響きの中に、いつまでも身を委ねていたくなるような素晴らしさ。
リオの心地良さ中で作られた雰囲気を醸し出す、パォン・ヂ・アスーカルをバックにしたジャケットもGOOD。

・MILTON NASCIMENTO / E A GENTE SONHANDO
【9464972 / 盤質A】

円熟期を迎えた天才が目指すオーガニカルな境地が、自身の楽曲&ミナスそしてブラジル音楽界の朋友達から提供されたレパートリーを通じて表出された、見事なまでの逸品。

まず注目は、ピアニスト、ヴァギネル・チゾが全16曲中11曲でサポートしている点。かつてソン・イマジナリオのメンバーとサポートしたのをきっかけに、以降70年代ミルトン・サウンドのブレインとして重要な役割を担ってきたヴァギネルが、一時期決裂していた関係を修復し、久々にミルトン・ワールドを演出している。行動を共にした二人の新たな歩みには、ファンには感極まるところである。

レパートリーで特筆なのはタイトル曲M1。これは、元々1965年にミルトンが初めて書いた曲の一つで、ジャズ・ピアノ・トリオの「TEMPO TRIO」(トニーニョ・オルタの兄や、パスコアル・メイレリスがメンバーとそて名を連ねていた。)がインスト曲として当時演奏して以来、世に出ることとなった、ミルトンの原点を示すハイライト。しかも作者ミルトン本人が披露する歴史的なトラックといえる。
続くM2は、ミルトンと双璧のミナス・ブレイン、ジョアン・ボスコとその息子フランシスコの作曲で、名作「NA ESQUINA」にジョアンのバージョンが収録されたレパートリー。同郷ながらあまり接点が多くなかった二人の巨人を繋げる意図としても興味深い。

さらに、ブラジル南部の名SSWヴィトール・ハミル提供のM5、ジョアン・ボスコの弟でもあるトゥナイとマルシオ・ボルジェスの共作M6、ピアニストとしても名高いクリストヴァン・バストスとアルヂール・ブランキが組んだ美曲M10、ミルトンを敬愛するルル・サントス作(M13)といったベテラン・コンポーザーの美しい旋律を歌い上げるほか、ヴァギネル・チゾの息子でSSWとして頭角を表すイスマエル・チゾ作(M4)、ミルトンが懇意にするサンバ貴公子ペドリーニョ・ド・カヴァッコと共作したM12、同じくミルトンの寵愛を受ける純ミナス派若手ヘイトール・ブランキーニョ作M15と、次世代作家へのアプローチ、そして新たにミルトンの今を自ら構築したオリジナル曲の素晴らしさも充満。

45年のキャリアを誇る、ミナス・サウンドの世界的カリスマが、その持てる叡智、感性そして人間性をすべて集約した名作。

・GAFIEIRA SAO PAULO / GAFIEIRA SAO PAULO
【AA0001000 / A / DIGIPAK】

カエターノ、ジョアン・ドナート、ジョイス、シコ・ブアルキ…ブラジルMPB名曲をテーマに、サンパウロ的、洒脱なエッセンスを注いだサンバを披露する、混声vo.のプロジェクト・ユニット「ガフィエイラ・サンパウロ」登場。♀Voは、MPBの好シンガー、ヴェロニカ・フェリアーニ。
ガフィエラ・サンパウロは、その名の通り、サンパウロを拠点に活躍するミュージシャン仲間のフルバンド・プロジェクトで、彼らが目指したのは、MPB名曲の旋律を、原曲の温もりを保ちつつ、サンパウロ風セッション仕様にアップデートしたサウンド。リオの「オルケルトラ・インペリアル」にも近いポリシーだが、「ガフィエイラ・・・」は、そのユニット名にもある通り、古の生バンド・ダンス・ホール「ガフィエイラ」で演奏されたような、優雅で躍動感ある上品なサンバ・サウンドが持ち味である。ライブや地元TVへの出演などで好評を博した彼らの活動が、ようやく一つのアルバムとして表されたのがこの1枚。
フロントvo.の一人であり、楽曲も提供しているカエ・ロルフセンのソフト・ヴォイスと、ホーン・セクション、バテリアが洒落たサンバの粋を醸し出すモアシル・サントス作(M1)に始まり、続くシコ・ブアルキの名曲(M2)では、もう一人のヴォーカリストで、ソロ・アルバムが日本でも話題となったヴェロニカ・フェリアーニとのデュオ。ダンサブル・アレンジのブラジル定番曲として知られるM3「A RA」(ジョアン・ドナート&カエターノ)、ジョイスの名曲M6や、エリス・レジーナの初期キャリアでカバーされたシコの名曲M10、エルトン・メデイロスの代表曲M11あたりでも、軽快なサンバ・アンサンブルとヴェロニカの美声が好アクセント。一方、カエ・ロルフセンも、ジョイス&ゼ・ヘナート作のソフト・サンバM8や、パウロ・セザール・ピニェイロのM9で、スーっと耳に馴染むような歌を聞かせてくれる。派手さよりも、サンバ本来の繊細さを大事にしたバックのアンサンブルと男女二人の粋なヴォーカルが、優しく柔らかなステップを誘うような、ブラジルならではの心地良さが楽しめる好作。

・LO BORGES / HARMONIA
【LBM0901 / 盤質B】

本作「HARMONIA」は、2009年に、関係者および近親者向けに特別に制作されたローのニュー・アルバムであり、オフィシャル・サイトなどでは確認できたものの、パッケージとして一般流通が叶わなかった曰く付きの作品。フル・オリジナル・アルバムとしては2007年「BHANDA」以来である。すべてロー&マルシオのボルジェス兄弟による書き下ろしで構成され、クルビ・ダ・エスキーナの中でも特にロックに傾倒した独特のメロディ、サウンド・メイクに長けたその才能が、今もなお確かに生きていることを実感できるコンテンツ。
タイトル「HARMONIA(ハーモニー)」を表すような、ギター・フレージングと浮遊感を際立たせるヴォイス・ワークの重なりが独特の質感を演出するミディアム・ナンバーから、不協和音のコードと唱えるような規則的な旋律が不思議な調和をもたらすパワー・ポップ、そのすべてに詰まったロー・ボルジェス節は、強く深く心に突き刺さる。70年代の彼のキャリアを彷彿させるようなM3、5のような、切ないメロディをなぞりつつ強いメッセージを讃えたヴォーカルが印象深いトラック、そして素直で温かみのあるロック・ミネイロ然としたM8あたりが特に素晴らしい。ラストはローのピアノをフィーチュアした、余韻を愉しむかのような美しいインストゥルメンタルで締めくくられている。ミナス・フリークも待ちわびた天才の今を聴く充実の逸品。

・ANTONIO CARLOS JOBIM, VINICIUS DE MORAES / BRASILIA - SINFONIA DA ALVORADA
【ACMEM 208CD / 盤質A】

1956年に就任したジュセリーノ・クビシェッキ大統領の依頼を受けて、アントニオ・カルロス・ジョビン&ヴィニシウス・デ・モライスのコンビが手がけた交響曲「Sinfonia da Alvorada」に加え、ブラジルの代表的オーケストラ作品「The Forest of The Amazon」を併せ収録。「Sinfonia da Alvorada」は60年4月から新しく首都となるブラジリアに建築された国会議事堂の落成式のために依頼されたもの。モライスが歌詞を書いている。収録の演奏はジョビン自身の指揮。演奏者はRadames Gnattali(ピアノ)、Elizeth Cardoso(歌)、 Os Cariocas(コーラス)。
「The Forest of The Amazon」はエイトル・ヴィラ・ロボスの作品。ロボス本人の指揮、ブラジルのソプラノ歌手Bidu Sayaoが出演。鳥のさえずりや動物の鳴き声、ジャングル・ドラムを模した色鮮やかな作品。

当店にある在庫は、通信販売にてご購入頂けます。
※SALE品は、SALE開催日の翌日から通信販売可能になります。予めご了承ください。
※当ブログに掲載されている価格のうち、2014年3月31日までの記事に掲載されている価格は消費税率5%で計算されています(但し本体価格と明記されている場合は除く)。
2014年4月1日以降ののお問い合わせについては、税率8%で再計算した価格でのご案内となります。予めご了承ください。
通信販売のご案内
店舗情報
ディスクユニオン立川店
ディスクユニオン立川店
営業時間:11:00-21:00(日・祝-20:00)

〒190-0012
立川市曙町2-10-1 ふどうやビル2F
TEL: 042-548-5875
E-mail: dta@diskunion.co.jp

立川買取センター 併設
フリーダイヤル: 0120-523-513
(携帯電話: 042-528-0186)
E-mail: dta_buy@diskunion.co.jp

中央線立川駅北口徒歩3分
立川通り曙橋交差点カド
地図 Click!拡大
> Googleマップ

駐車場サービスあります
Twitter
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 5 9
10 11 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
リンク
お近くのdiskunion各店のblog
■東京都内各店
吉祥寺店
吉祥寺ジャズ館
吉祥寺クラッシック館
町田店
高田馬場店
中野店
■神奈川県内各店
横浜関内店
横浜西口店
淵野辺店⇒閉店いたしました
バーコード
Access Tool